News

InxLabelからのお知らせや、関連情報などを発信しています。

お知らせ

Glissando KONBE

 

【Web限定Speciality企画】
Glissando77&72 インクスモデル Konbe

 

LEON’s Recommended
【コラボレーションの経緯について】

コラボと言うより無茶ぶり企画←click

 

 

 

★必ずお読み下さい★

【Web限定予約オーダー企画】
・当モデルは基本的に「受注生産」であり、予約オーダー(代金決済含む)をされた方を最優先させて頂く方式を採らせて頂きました。
・したがいましてこのページで購入出来るのは【すでにご予約頂いた方のみ】となりますのでご注意下さい。
・ご予約の無い方のご注文は自動的にキャンセルとなります

 

【お渡し時期について】
・現在釣り具製造は世界的規模で非常に不安定となっており、暫定で「2022年1〜2月の完成→お渡し」の予定で進めておりますので悪しからずご留意・ご確認下さい。

 

【お支払い等に関して】
・ご予約頂いた方の決済方法は「銀行振り込み」と「クレジット決済」の二種のみ(代引きはNG)となります。
・クレジット決済の場合、引き落とし時期は各クレジット会社都合で決められており、当店でコントロール出来ませんのでご注意下さい。
・代金決済をもってはじめて「ご成約」となりますので「決済ご案内メール」が届き次第、当ページにて決済手続きをお願いいたします。
・製品のお届けは2020年1〜2月予定ですので、他の製品と同じ買い物カゴには入れないで下さい。
・配送方法は「宅配便のみ」で「ネコポス」は利用出来ませんのでご注意下さい。

 

【初回生産の予約をされなかった方へ】
・今回の予約オーダーに間に合わなかった方は問い合わせページ←clickにて「Konbe初回生産分キャンセル待ち」「Konbe二次生産分予約希望」と記入し、必要な製品名と本数を記入の上送信して下さい。
・二次生産時期は決定しておりませんが、ご予約が所定本数に達した時点で「生産決定」「お手続き方法」等のお知らせを致します。

 

 

Information 

DSC02086

・本品は双方共にオリジナルと同じブランク素材を使用した「センターカット2ピース・ストローセッティングModel」となります。
・ガイドシステムはINXモデル【Konbe】のコンセプトを元に、前田製作所の手によって一本ずつ適切にストローセッティングが施されます。
・Konbeモデルはオリジナル77及び72のストローセッティングModelとはガイドタイプ・番手・個数などが異なり、またジョイントも印籠継ぎとなっています。

 

 

“Straw Guide Setting”について
(writing by 前田製作所)

・メインコンセプト
PEラインの持つメリットデメリットを把握し、飛距離、負荷分散、感度伝達など、メリットをトータルバランスで引き出すことができるガイドセッティング。

・モノフィラメント設計からPE専用設計へ
現代の釣りにおいて、ナイロンやフロロカーボンに代表されるモノフィラメントのラインでは妥協せざるを得なかった点が、PEラインの出現によって劇的な変化を迎えました。しかしながらPEラインがいろんなフィッシングスタイルに多用されるようになっても、釣り竿のガイドセッティングは旧態依然のモノフィラライン仕様のままというのが実情です。従来のセッティングでは、せっかくのPEラインのよさが活かせず、デメリットにすらなる事があります。
PEラインは、張りがなくラインのクセがつかないことが特徴。モノフィラライン各種は進化したとはいえ、PEラインと比較して圧倒的に張りがあり、クセもつきます。そのラインの張りとクセの特性から、リングサイズを大きくし、ガイド数を少なく配置するのが従来方式。あくまでもこれらモノフィララインでの飛距離を優先していたからだと考えられます。
PEラインの場合、ガイド数を増やすことでリングへの摩擦抵抗を軽減するという逆転の発想が必要でした。

・PE専用のガイドセッティング開発を通して
これまで私は、いくつかの事業でPE専用設定のガイドのセッティングを担当させていただく機会に恵まれました。その中には有名になった製品、ガイドシステムも存在しています。
張りがなくクセがつかないPEラインは、数多くの小口径リングサイズを並べるセッティングが向いています。理由は、小口径リングだからリング間のラインのバタつきを抑えることができるからです。実際のフィールドで無風な状況はまずあり得ません。ガイド数が少なく大きいリングサイズだと、リング内とガイド間隔でラインが暴れてしまい、逆に抵抗になりライントラブルとなってしまいます。このため以前より小口径リングでガイド数を増やすPEのセッティングを作ってきました。
また小口径を多数セットすることにより、ブランクのパワーをより発揮できます。キャスティング時やフッキング時のブランクのパワーと感度のアップ、リフティングパワーアップ、さらに各ガイドのライン角度がスムーズになるので、リトリーブフィールがスムーズになり、誘いからファイティング時の無駄なポンピングが減り、バラシも軽減します。
こうして従来のセッティングから、従来製品の中にラインナップされた小口径製品を流用する形で、最初のPEセッティングが次々と生まれていきました。

・ストローセッティングへの進化
私が提案しているストローセッティングは、PEラインが主流になりガイド素材の軽量化が推し進められた近年、従来の専用設計では妥協せざるを得なかった部分をトータル的に向上させたものです。
これにはガイドを生産するメーカーや世界中のアングラーのアイデアなど、携わった多くの方の努力や知恵が関わっており、当然私一人で成し得たものではありません。特にトップガイド製品の多様化やフランジ形状、トルザイト、SiC-S、アルコナイトといった選択肢の増加が、ニーズや価格帯に合わせたセッティングを可能にしてきました。
キャスティング時などに特にトラブルの多いティップにはガイドの形状とガイドポジションでトラブルレスなセッティングにしています。また、ランディング時もスムーズにラインシステムが入る工夫もできるようになりました。これら技術の向上により、過酷な状況でもストレスなく集中できるはずです。フリーフォール時などは、ラインの無駄なたるみがなくなるので、ラインの抜けもよりスムーズになっていることを実感していただけるはずです。
ガイド数が多く増えても従来の大口径型ガイドシステムと比較してロッドの自重は変わらず、場合によっては軽くなるモデルも多くなってきました。こうしたガイド開発の歴史とともに、キャスティングの飛距離もPE専用で制作してきた従来のセッティングより数%アップしています。敢えてデメリットをあげるなら、ラインを通すのが面倒なくらいです。老眼の方はとくに…。(笑

 

【オリジナルリンク他、関連リンクも是非ご覧下さい】

Glissando77←click
Glissando72←click
Glissando77ストローセッティング←click
Glissando72ストローセッティング←click

 【ストローセッティング関連ログ】
ロッド選びのイロハ ストローガイド←click
Tulalaのメバルロッドgroovy80←click

 

 

 

 

 【Glissando 77&72 Konbe】

DSC02045

 

72 Konbe

DSC02052

 

77 Konbe

04B34FCE-C9CF-4DAC-B315-83668874AB58
ストローセッティングロゴ
陽光を浴びると内部から輝いて見えるクリアグリーンブランクが美しい

 

 


 

 

#2Section(バット側)
DSC02151
オリジナルはコルクグリップだが、コンベではEVAと集積コルクのコンビネーションに。
グリップ長は77が34cm 72が36cm。

77は取り回しが良い軽快なミディアムライトクラスで、72はオフショアも視野に入れよりパワーファイトが出来るミディアムクラスのモデルとなっている。
Konbeは2Piece設計でキャストウエイトやリフトウエイトのパワーも2割弱程度下がるが、対象魚のウエイト基準としては77が2〜4kg、72が4〜6kgフィッシュ程度が楽しめる設計となっている。

 

DSC02153
グリップエンド(石突き)は共にラウンド形状で傷付きにくく丈夫な硬質ゴムを採用。

 

 

DSC02157
グリップ前側のバット部にパワーファイトの際つかみ安いよう補助グリップ処理が施してあるのもTulalaらしいアイデアだ。

 

 

 


 

 

#1セクション(ティップ側)
DSC02172
ガイドは、バットSection#2のエントランスガイド&バットガイド2個を含み、77が総数15個、72の総数が14個の独特な小径多点ガイドシステムとなっている(いずれもサンプル時点であり、変更を含む)

DSC02129
ジョイントには高級機に採用される事の多い、ベンディングを損ね難く見た目も美しいスピゴットフェルール(印籠継ぎ)←clickを採用。

 

 

DSC02161

DSC02183
配置や角度など、ストローセッティングの精緻さと妙が見てとれる(画像はサンプル時点のセッティング)

 

 


 

Spec

77 Konbe
●全長:7フィート7インチ
●タイプ:センターカット 2Piece
●ジョイント:スピゴットフェルール(印籠継ぎ)
●仕舞寸法:120cm
●リアグリップ長:34cm
●自重:170g ※サンプル数値
●ライン PE1.5号、リーダー24lbまで
●キャストウェイト:3~30g

Price: 税別価格 51,100円 税込み価格 56.210円

 

72 Konbe
●全長:7フィート2インチ
●タイプ:センターカット 2Piece
●ジョイント:スピゴットフェルール(印籠継ぎ)
●仕舞寸法:113cm
●リアグリップ長:36cm
●自重:164g ※サンプル数値
●ライン PE2号、リーダー30lbまで
●キャストウェイト:5~40g

Price:税別価格 50,800円 税込み価格 55.880円

 

※免責期間、及び瑕疵保証や修理等に関しては(有)エクストリームの規定に準じます

 

2021年7月18日

【FXB】Garimpeirp & el SERA

Fishman × INX.label スペシャルコラボ第二弾
レオン加来匠渾身の二本のバーサタイルロッドが登場!

gp_es_main

 

 

 

 

 

【Information】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Part】

DSC00364
エル・セーラ

DSC00379
ガリンペイロ

DSC00374
ガリンペイロ

DSC00371
#1#2スレッド部ロゴ共通

DSC00358
FXBシリーズ共通エンドバッヂ

 

 

 

 

 

 

 

【Test Fishing Gallery】

Garimpeiro
 DSC00360 2

  IMG_0077

 

DSC00334

 

IMG_6616

 

  DSC00305

 

 

 

 

 

 

el SERA
 RIMG3619

RIMG3632

  DSC00423

 

IMG_0373

 

IMG_1578  

 

 

 

2020年12月19日

【FXB】SABIA & SABIO

Tres SABIA & Tres SABIO 先鋭のライトロックベイトロッド誕生!

INXlabel × Fishman レオン加来匠と赤塚ケンイチのスーパーコラボが実現

 

INX_Rod_Poster_B3

 

 

 

 

ライトゲームを知り尽くした男とベイトロッドを知り尽くした男が、その気根を込めて作ったこのロッドはヤバい。 フィッシュマンロッド驚愕のキャスタビリティとノーバックラ思想をそのままに、 レオンが理想とするベイト+ライトリグの遠投性と操作性を徹底追求。

 

p-1

IMG_8775

46670149_10217328264699454_5672317922907783168_o

 

 

 

 

レオン加来匠がここ10年検証し続けてきたライトソルトベイトタックルの概念を、フィッシュマン赤塚ケンイチが形にした究極の港湾ライトゲームベイトロッド。 ノーバックラッシュを標榜し、ベイトロッド専門メーカーとして活躍するフィッシュマン。このブランドが近年他社の追従を許さないほどの人気を博している理由は、ズバリ代表である赤塚ケンイチのベイトロッド作りに関する強い情熱と類い希な感性にある。そして、「ベイトフィネス」という概念はバスフィッシングのものであり、これをそのままソルトライトゲームに当てはめるのは「間違いである」というレオンの持論・結論が見事に合致。

そして二人は互いの概念の究極の接点を求めてプロダクトに乗り出した。

IMG_8515

赤塚が求めた能力は射貫くようなアキュラシーと軽いルアーをトラブル無く遠くへキャストできる高次元のパフォーマンス。 レオンが求めた能力はソフトルアーからハードルアー、サーフェイスからボトムまで、様々なソルトシーンで実戦的に扱えるバーサタイルな操作性。 そしてついに、ベイトタックルならではの戦闘力と操作性と楽しさの高バランススペックを実現することが出来た。 ライトソルトの現場実戦に即した機能を有するこのロッドは、まさに新時代のスーパーライトソルティベイトロッドだと言えるであろう。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

互いをリスペクトし、ロッドの出自を知らしめるdoubleネーミング

DSC06205

 

 

極軽量ルアーの遠投性を実現させるための緻密で特殊なベンディング設計を施した4軸カーボン 数カ所に渉るシートの巻き方向やプライ数に工夫を凝らすための3ピース構造

DSC06231

 

 

エンドバッヂにはマスコット「Jay Boy」を使用してインクスらしさと楽しさを表現

DSC06206

 

 

フロントスクリューはFishmanロッドの証でもある頑丈なアルミ削り出し製を使用

DSC06236

 

 

グリップ形状にはインクスラボのこだわりが詰まっている

DSC06248

 

 

パーミングの際、力を込める握り込み部分には凸状シェイプのEVAを 膨らんだ掌底が当たる部分には凹状のシェイプを施したコルクを

DSC06242

 

 

リアグリップ部は遠投時のすっぽ抜けやファイト時の不安定要素を廃すためのテーパードシェイプ

DSC06244

 

 

反発の強い無塗装ブランクの欠点を補う丈夫で分厚いスレッド&コーティング

DSC06250

 

 

インクスらしい美しい仕上げのカラーリング

DSC06251

(注:写真はプロト品のため、ロゴやエンドバッヂなどに若干の変更が加わります) (注:リールは製品には含まれません)

 

 

 

 

 

FXB-TS67UL  Tres SABIA(サビア) 全長:200cm(6.7ft)  マテリアル:4軸カーボン Kガイド(チタン+ステン)   自重:104g   継数:3ピース   仕舞寸法:77.5cm ルアーウエイト:3−12g(2−15)  ライン:#0.4−1.0(PE) 税別定価 49,800円

・プラグやメタルルアーの釣りを主体にしたテイストで、79よりも少しパワーを持たせた設計。堤防の釣りに最適なレングスだが、同時にボート上からの護岸壁穴撃ちなどにも適している。 ・基本的に尺クラスのメバル・カサゴ・小ハタなどを対象に設計してあるが、しなりのあるブランク特性は不意の大物にも難なく対処できる柔軟性を持つ。 ・テスト時にもクロダイ40cmクラスを数匹釣ってみたが、バットまでベンディングした時点でのロッドパワーはこのクラスのサイズであれば好敵手といった感じである。

FXB-TS79UL  Tres SABIO(サビオ) 全長:236cm(7.9ft)  マテリアル:4軸カーボン Kガイド(チタン+ステン)   自重:113g   継数:3ピース   仕舞寸法:99.5cm ルアーウエイト:2−10g(2−15)  ライン:#0.4−1.0(PE) 税別定価 54,900円

・基本的には3g前後の軽量プラグを主体にしたテイストだが、68よりもしなりシロを持たせて極軽量リグもより投げやすく、1〜2gのジグヘッドワーミングも視野にいれた設計となっている。 ・キャストそのものは67の方がより重い物が投げやすいが、ベリー・バットのパワーはレングスにより不意の大型魚のイナし能力は上。ラインに負担を掛けず魚を驚かさない味付けとなっている。 ・足場の高い堤防や遠投が必要な場所で快適にキャストできるレングス。釣るだけでは無く、ベイトキャスティングの楽しさを味わえる一本。

 

 

 

 

 

 

2018年5月10日

【GXS】Harmmy Jarmmy & Bee Tesller

 

Classical Design & Latest technology
伝統と最先端の融合

Sensational Début

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

【Characters 1】

最高のフィッシングツールをデザインするために、我々はまず、その釣りに精通したベスト・フィッシャーマンにコンタクトする。
なぜなら、彼らほどそのロッドに求められる要件を正しく、そして、深く理解している人はいないのだから。
そして、試作を繰り返しながら、煮詰めて行く。幸いにして我々には世界中の優れたフィッシャーマンにネットワークがあるからね。
〜Gary Loomis〜
click hear→About NorthFolk Composite & Gary Loomis

 

【NFCブランクの特徴】
INXモデルでは、インクス代表レオン加来の要望するイメージを受けて、これらを適切に組み合わせた製法で作られています

High Modulus G2:(HM)
クモの糸のような微細なカーボン繊維が何層にも重なり合うペーパーカーボンスクリムとハイモジュラスファイバーをコア・マテリアルとするNext HMは、超高感度でありながらトルクフル、トルクフルでありながら超軽量というイノベイティブなハイパフォーマンスブランクです。

感度を重視したブランクの場合、従来は感度と引き換えにトルクが犠牲とされてきたものですが、このNext HMは違います。ハイモジュラスファイバーと言えば硬くて軽い、ただし、脆い、と広く信じられていますが、40年にわたりハイパフォーマンスフィッシングブランクを追求し続けてきたゲイリー・ルーミスの作るハイモジュラスブランクは、単に高弾性素材を使っただけのブランクとは全く異なります。ハイモジュラスカーボンであるにも関わらず、しなやなで且つ、負荷に対してリニアに反応するブランク。ゲイリー・ルーミスならではの「製法」と「調律」により、感度、トルク、軽さは見事なまでに調和しています。

ブランクを手にした瞬間、感じたその違いは、ファーストキャストできっと確信へと変わることでしょう。
Next HMは、ノースフォークコンポジットが全てのアングラーに自信を持ってお奨めする新世代のハイパフォーマンスブランクです。

Intermediate Modulus G2:(IM)
金属的な張りや感度ばかりが重要視される傾向にありますが、キャストからリトリーブ、フッキング、そしてランディングに至る釣りの一連の動作を支えているのはシームレスな力の伝達、つまり、粘りです。

例えば、キャスティング。ルアーのウェイトをティップで捉え、その荷重をベリーに伝達し、留めを作り、ルアーを弾き出す。この動作を支えているのは、感度でも、張りでも、軽さでもありません。シームレスな力の伝達、つまり、粘りです。ランディングも然り。カバーから魚を引き離す時もディープからいち早く魚を浮かせる時もブランクの粘りは極めて重要な役割を担っているのです。

Next IMは、ゲイリー・ルーミスが今日まで培ってきた製法により、マテリアル本来の素材特性が見事なまでに引き出された、42ミリオンモジュラスファイバーをコアマテリアルとする張りと粘り、軽さと感度が高い次元で調和したバーサタイルなブランクです。

あのファーストキャストこそが全ての始まりであったと思わせるブランク。そんなブランクを目指しゲイリー・ルーミスがデザインしたパワフルでしなやかなバーサタイルブランク、それがNext IMです。

 

 

 

【Characters 2】


 

 

【Characters 3】


 

 

 

【Spec & Guidance】

メバリングゲーム等におけるロッドとしてはやや強めに作られたブランクだが、同時に極小プラグゲームや1g程度のリグ使用時にも快適な繊細さをも合わせ持つ。北米NFC社へオーダーした「ハイブリッドHM/ INXマテリアル」のブランクをワンピースで成形し、繊細さを維持したままテトラ際の大型メバルをも制するベリーからバットに掛けてのパワーが魅力的なロッドとなっている。リールシートにはデジーノ製DRSSを採用し、精緻を極めたガイドセッティングやバットジョイント構造なども相まって、類い希なる感度性能と小気味よいキャストフィールや射貫くアキュラシーを実現。その素顔をあくまでもメバルプラッギングロッドとしながら、ジグヘッドリグやメタルルアーの使用も考慮したトータルバランスを徹底追求し、様々なリグをも使いこなすバーサタイル性も飛び抜けて高いものとなった。まさに次世代型高感度パワーフィネスプラッギングロッドと呼ぶに相応しいモデルである。

 

しなやかで軽量でハイパワー。相反するはずの性能の両立を40年もの間追い続けたゲイリー・ルーミスブランクの恩恵を、軽量プラグコントロールへ全振りして最適化。ゲイリー率いる北米NFC社へオーダーした「ハイブリッドHM/ INXマテリアル」のブランクをツーピースで成形し、バットまで美しく弧を描くしなやかでナチュラルなプログレッシブテーパーデザインに仕上げている。リールシートにはデジーノ製DRSSを採用し、精緻を極めた複合的ガイドセッティングが相まって、キャストフィールのみならず、プラグ操作のアイデアを次々と想起させ、多彩で繊細で自由なルアーアクションをもたらせる。アングラーと共に感性豊かな表現力の赴くまま、プラッギングをもっと楽しく、豊かな時間を共有する事を至上の喜びとした、まさに稀代のフィネスプラッギングスペシャリティだ。

 

 

 

ガイドセッティング

第2世代トルザイトと、NewSICガイドを複合的に使い、ミリ単位でバランス出しした位置へポジショニング。
ブランク特性と相まって、軽やか、かつ伸びやかなキャストフィールをアングラーにもたらせる。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

【ご注意】
製品ではコスメに若干の変更が加わります。

 

HJ64画像

バット部のネームは写真と反対位置、真裏に配置されます。

BT74画像

ネームは、上記写真同様、HJ64も右手で持った際の内側に配置されます。
ネームスレッド位置はHJ64写真同様バットの付け根に配置されます。

HJ64画像

スレッドカラーは双方共にHJ64写真(グリーンスレッド)に準じます。

BT74画像

双方共にAAAAクラスのコルクグリップとデジーノ製DRSSリールシートを採用。
コルクフードのデザインはHJ64写真に準じます(色の濃いラバーコルクが先頭)

HJ64画像

ブランクはNFCハイブリッドHMのインクスモデル。
仕上げは無塗装のサンディングフィニッシュ

BT74画像
DSC06602
FXBシリーズと共通のアルミエンドバッヂ

 

 

GXS-HJ64L  Harmmy Jarmmy   税別定価62,000円

GXS-BT74L  Bee Tesller  税別定価62,000円

 

 

 

 

 

 

2019年2月13日