News

InxLabelからのお知らせや、関連情報などを発信しています。

お知らせ

ジュラクローXG

ジュラクローXG

「こりゃどう見ても釣れる気しかしない」
ライトゲーマー待望のジュラクローダウンサイジング版がついに登場!

IMG_2693

DSC07448

JURACROW  XG / メバリング  Edition
全長:4.7cm
重量:2g
1Pack /6匹入り
価格:720円

 

 

Recommend

「エビ」「カニ」「イカ」「タコ」
ほぼ全ての魚達のベイトとなるこれらの幼生を見事に演じてしまう、小粒でイヤらしくて可愛らしいフォルム。
そのやや扁平なボディは様々なリグアレンジに対応し、表情(アクション)を大きく変えてターゲットを魅了する。

 

【リグセッティング例】

ノーシンカー/サーフェイスセッティング バス用ワッキーフック #4
DSC07453
水面及び水面直下でプラグのように漂わせるセッティング。水中ではフックが下に向きスイミング姿勢を安定させる。
単体2gのウエイトは港湾部で充分な実釣距離も確保出来、プラグではなかなか食わない魚にも口を使わせる事が出来る。

 

 

ジグヘッド/ミドルゲームセッティング ボトムドライブ #3/5g
DSC07449
通常ウエイトのジグヘッドリグはもちろん、5〜10gなどヘビーウエイトと合わせての本流ボトム打ちでは様々な魚種がターゲットとなる。

 

 

変則ワッキー/バーチカルセッティング マスバリ+にゃん玉
DSC07240
堤防、護岸壁、ケーソン、橋桁など縦ストを水平フォールで攻める。まさしく「落とし込み」のワームバージョンだ。

 

 

オフセットジョイントジグヘッド/荒根&モバゲーセッティング デコイスライドボム #4/3.5g
DSC07452
扁平でワイドなボディはオフセットフックとの相性抜群。攻めきれなかった藻の密集地帯や荒根を軽々と攻略。
ソルトフィネスベイトタックルとの組合わせで手つかずのポイントから夢のデカメバルやデカカサゴを引きずり出せる。

 

比較画像

 

 

 

 

ColorLineup

 

堤防アーク(常夜灯SP/ スターグロー・スティックホロ)#CG16
DSC07436

 

堤防ナトリウム(常夜灯SP/ 蛍光・スティックホロ)#C09
DSC07444

 

熟れメロン(ボトムSP/オーロラグリッド) #C10
DSC07446

 

泥虫シナモン (ボトムSP/スティックホロ) #C11
DSC07445

 

チャートゴールド (濁り潮SP/スターグロー・スティックホロ)#CG12
DSC07439

 

ブルーパールPro (ゴロタSP/スティックホロ)#C13
DSC07441

 

セトグリーンPro (瀬戸内SP/スティックホロ)#C14
DSC07440

 

ゾエアクリアー (サーフェイスSP/ケイムラ)#C08
DSC07435

 

ブラックパールPro (闇夜SP/スターグロー・スティックホロ)#CG15
DSC07438

 

ピンクキャンディー(闇夜SP/スターグロー・スティックホロ)#CG17
DSC07442

 

 

 

 

 

2020年5月15日

ゼイゴー

 Ajing Speciality Worm

 

ゼイゴー
L(3.0Inch)8匹入り
S(1.8Inch)10匹入り

Color:全10色
Price:700円(税別)

 

古世代生物を彷彿させる前代未聞のリーチ系フォルムと、プロトテスト時に息を呑む実力を発揮したこのワームは、きっとライトゲームの世界観を一変させることになるだろう。

 

 

 

 
デイゲームですら3Inchに喰ってくるレギュラーサイズのアジ。
一般的な感覚ではアジングに3Inchは少し大きすぎる印象を与えるであろうが、見事にヘッド部を狙って喰ってくるのは、扁平形状に加えて緻密かつ繊細に組み合わせられた鰭状リブがもたらす複合的効果なのだ。

 

それはメバルとて例外では無い。リーチ系特有の波を打って連続するクネクネとした上下の動きはさほどに彼らの捕食本能を刺激する。

 

 

 

Color Lineup

 

 

 

 

 

2020年1月23日

ジュラクロー

レオンとインクスラボの共作で送り出す本格ロックフィッシュワーム第一弾!

DSC07009

 

「コイツはカニもエビにもイカにもタコにも化けるのだ」

ボトムワークだけでは無く、ノーシンカーリグで常夜灯下やウィードエリアでのサーフェイスゲームまで視野に入れた、前代未聞のハイブリッドクローワームだ。
あえて太めで硬めで短く作ったアームは、クロー系ワームにありがちなグラブテール的要素のヒラヒラ感を抑え、あくまでも強い水押しの生命感を醸し出す。

やや扁平気味に作られたボディはフォール時に横方向へのスライドアクションを産み、水中を泳ぐガザミやイシガニや仔イカを演出する。
ボディサイドの小さな脚は、ベイトとなる海に棲む多くの六脚類や十腕目を模し、ヘッド部からフックセットする「逆付けセット」などで今までにあり得ないほどの多彩なアクションが可能となった。
参考アクション動画←click

 

 

 

 

Hybrid Claw Worm
Jura Claw

3.0インチ(6匹入り)税別価格800円
2.5インチ(6匹入り)税別価格770円
全8色

 

 

Color Lineup

DSC07016
モイカホロ(仔アオリSP/スティックホロ+コアカラー+コアグロー)

 

DSC07011
ミミイカピンク(堤防ナイトSP/ケイムラ+フルグロー)

 

DSC07017
ベンケイレッド(キジハタSP/コアグロー)

 

DSC07012
ガザミブルー(闇夜SP/ケイムラ+コアグロー)

 

DSC07015
イシガニブラック(月夜SP/コアカラー+コアグロー)

 

DSC07014
プエルルスグリーン(幼エビSP/スターグロー+コアグロー)

 

DSC07013
イイダコチャート(濁り潮SP/フルケイムラ+コアカラー)

 

DSC07018
ゆでだこオレンジ(アカハタSP/マットフルグロー)

 

 

 

Hook Set

ジュラクロー2.5インチ アッパーカット1_0サイズ

 

 

 

Test Fish

   IMG_6727-450x600
D5tJcvZUcAAA5Ro-600x600
IMG_9525-480x600
IMG_0315-450x600

  IMG_0314-600x450 IMG_0313-600x405 IMG_7249-600x450

 

 

2019年10月9日

ドラゴンクローラー

 

 

 

 

 

 

 

「単なるクローラーじゃつまんない」

 

クローラーワームはもう出尽くしていて、今更いじるところなど無いと思われたが、インクスラボはクローラーにさらなる息吹を吹き込んだ。精緻な金型作成にチャレンジするところから始まったこの企画は見事に成就した。ボディ単体だけでも理想のアクションが出せるのだが、見た目にも美しい上下二層に分けられたカウンターシェイドカラーと、弱水流でも艶めかしく動き生命感溢れる背ビレと尾ビレは、すれっからしのターゲットにすら口を使わせる。それはボトムでのロングステイでもバイトが得られることから見ても明らかなギミックで有り、ドラゴンクローラーならではのチカラでも有るのだ。

 

 

ドラゴンクローラー
Size:2.8Inch(7匹入り)2.3Inch(8匹入り)
Color:全10色+2色(超色)
Price:690円(税別)

 

 

 

ColorLineup

シラスホワイト

シラスホワイト(稚魚SP)

 

 

inxアミSクリア

アミSクリア/ケイムラ(瀬戸内SP)

 

 

ノレソレブラック

ノレソレブラック/スティックホロ(月夜SP)

 

 

砂虫メロン

砂虫メロン/スティックホロ(ボトムSP)

 

 

泥虫シナモン

泥虫シナモン/スティックホロ・ケイムラ(ボトムSP)

 

 

レモンチャート

レモンチャート/蛍光(瀬戸内SP)

 

 

ピンクピンキー

ピンクピンキー/グロー・蛍光(マズメSP)

 

 

ホロチカブラウン

ホロチカブラウン/スティックホロ(北海SP)

 

 

堤防ナトリウム
堤防ナトリウム/スティックホロ・蛍光(常夜灯SP)

 

 

堤防アーク

堤防アーク/スティックホロ・スターグロー(常夜灯SP)

 

 

 

 

2019年11月18日

スワールテールシャッドXG

 

 

スワシャXGはボーダーレスシャッド。
 
2.8Inch(約7.5センチ)というサイズのシャッドルアーは、ハードソフトに限らず、魚の種類や大小に限らず、世界中の多くの魚を魅了するいわゆる「ベイトサイズルアー」なのである。
INXテスター連や、その周りのバスマンやアイナメ・クロソイハンターなどベテランアングラー達から強く望まれたサイズでもある
。ライトゲームでは大型メバル、大型アジ。ミドルゲームでは各種ロックフィッシュからショアマダイゲームやチヌゲームやシーバスゲーム。あるいはルアーマン泣かせである、サイズにセレクティブなシラス付き(8センチ程度のカタクチイワシなど)の大型青物までと、きっと幅広く活躍することになるであろう。
 
 
   
 
 
 
スワールテールシャッドXG 2.8
Size:2.8Inch(約7.5センチ)7匹入り
Color:全8色(上下二面カウンターシェイドColor)
Price:700円(税別価格)
 
 
 
 
 
 
Color Lineup
 
 

稚魚ホワイト(稚魚SP)

 

 

キャンディピンク(堤防SP/スティックホロ)

 

 

抱卵モエビ(ウィードSP/スターグロー)

 

 

月夜ブラック(月夜SP/スターグロー)

 

 

堤防ナトリウム(常夜灯SP/スティックホロ・蛍光)

 

 

堤防アーク(常夜灯SP/スティックホロ・スターグロー)

 

 

セトレモン(瀬戸内SP/スティックホロ・蛍光)

 

 

脱皮エビ(ゴロタSP)

 

 

 

 

 

2019年11月19日

稚魚シャッド Baity

これは稚魚だ!まさにベイトだ! レオンが放つライトゲーム用ワーム第一弾ついに登場♥

DSC06395 2

ピンテールのように扱え、シャッドのアピールを合わせ持つこのワームは、スレ知らず・魚種選ばずのオールマイティワームだ。

 

 そして最大の特徴はその素材感。スワシャゆずりの吸い込みやすい耳たぶ感触と、フックセットのしやすさとは裏腹な「ズレにくさ」「割けにくさ」は、1本でアジ40匹を達成し、そのコストパフォーマンスの高さも相まってモニタリングをした多くのアングラーを喜ばせた。

 

 

Tester Impression
古賀亮介 ただ単純に←click

User Impression
GOMOKU釣りブログ←click

 

 

 

Fish

IMG_0109 IMG_8275 IMG_8375 IMG_9098 IMG_9072 IMG_0112 IMG_8368 46682461_2103139273330514_2784933309568778240_n

 

 

 

稚魚シャッド Baity
・ラインナップ 1.8㌅ 2.3インチ
・価格 1.8㌅10匹入り 2.3㌅8匹入り 共に690円(税別定価)

 

 

 

 

New Collars

DSC06766
DSC06770

 

 

DSC06765
DSC06769

 

 

DSC06772
DSC06771

 

 

 

 

Collars

DSC06364
IMG_9037

 

 

DSC06368
IMG_9029

 

 

DSC06373
IMG_9030

 

 

DSC06374
IMG_9028

 

 

DSC06376
IMG_9033

 

 

DSC06371
IMG_9034

 

 

DSC06381
IMG_9031

 

 

DSC06378
IMG_9032

 

 

DSC06370
IMG_9035

 

 

DSC06375
IMG_9036

 

 

 

2019年1月14日

スワールテールシャッド

レオン加来匠 渾身の作出:ノンボーダーシャッド

Swirl_Poster_B3

 

 ベイトフィッシュが発する波動と動きをを実現するための、スワール(渦)テールというギミック このシャッドワームは使用するアングラーを必ず驚かせることになる

 

IMG_7198

image3

IMG_7657

IMG_7656

 

 

 

 

 

特徴

DSC06359

コロラドブレード状に曲面成型されたカップテール。 これが内転水流を起こしてスクリュー回転を産み出す。

 

カップテール

 

テール分のカットスリットは、巻き速度によってテール角度をより水平方向へと安定させる。 このテールの水平姿勢がシャッドテールの欠点を補うスクリューロールアクションとなる。 このギミックは、大ヒット作となったメタルマルの作者であるレオンが、コロラドブレード1番の「釣れる理由」をワームへ移植させたものでもある。 軸がぶれず安定したロールアクションのテールは魚種を問わず多くの魚を魅了する。

DSC06303

IMG_8001

使用者全員が口を揃えて「耳たぶみたい」と表現するモチモチプルンプルンとした素材は、抜群の吸い込みの良さに加え針持ちの良さや裂けにくさも秀逸。 緻密に計算されたフォルムと渦水流を巻き起こす独特なテール形状は様々な魚にアピールし、リアルな小魚の泳ぎを演出すると同時に、シャッドワームの欠点でもある「スレ易さ」までも克服した。 またボリューミーなサイズ感にも関わらず15cm程度の小さな根魚でも容易に吸い込める柔らかさと、そのモチモチとした噛み心地からなる長いバイトタイムは、アングラーのアドバンテージを確実に上げてくれる。テスト時にも3.8インチのみならず、4.8インチに20cmを下回る魚も多くヒットし、フィールドスタッフ達を大いに驚かせるなど、多魚種釣獲力と共にまさに潜在的に求められていたワームだといえるだろう。

 

 

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

■Swirl Tail Sahd

スピンテールType シャッドワーム
4.8インチ(12cm)(8.5g) /6本入り  800円 (税別定価)
3.8インチ(9cm)(4.1g) /6本入り    750円  (税別定価)

 

 

■カラーラインナップ

#02 ライムチャート/ゴールド
ハーフクリアーにゴールドの小粒グリッター。 澄み潮晴天時に強いカラー。

DSC06355

 

#03 クリア/ホログラム
ハーフクリアーにホログラムグリッター。 特殊な溶剤を使用し、透過光で見ると角度で様々な色に見えるのが特徴。

DSC06351

 

#04 クリアレッド/ゴールド
ハーフクリアーのレッドに中粒のゴールドグリッターを前面に、曇天時や水深が深ければ深いほどシルエットがくっきり出るカラー。

DSC06352

 

#051 オレンジ/ゴールド
マットオレンジに中粒のゴールドグリッターを腹部中心に。 特にマズメ時に強い8色中最もアピールの高いカラー。

DSC06363

 

#061 ホログラム/チカ
淡いパープルボディで背部はブラウンに小粒ホログラムグリッター。 ソルトで強いプロブルーの進化型カラー。

DSC06350

 

#071 ピンキーホワイト(グロー)
マットピンクボディで腹部がパールホワイトに小粒のゴールドグリッターを少量。 濁り潮に強く、シルエットが大きく見えるハイアピールカラー。

DSC06354

 

#081 ブルーバック/シルバー
濃いめのブルーで腹部のクリアーには大粒シルバーラメを多めに。 ベイトが多くフィッシュライクな状況でアピールする。

DSC06353

 

#101 パールバックホワイト/クリアシルバー
クリアーボディで背部のみパールホワイトに小粒のクリアーグリッター。 レオンが大分オオモンゲーム(ガイドボートZin-Bay)の際に奇想したカラーリングだ。

DSC06362

 

 

 

2019年1月15日

GOD'n VIB

Super “根魚” killer GOD’n VIB

Poster_B3_God'n'Vib

 

 

ヘッド部に鉄板エッジを露出させてボトム感知度を高め、根掛かり回避能力を高めると共にボトムコンタクト時に根魚が好きな高音を発生するモデル。 また鉄板バイブのウイークポイントでもあったフリーフォール時にスパイラルフォールする難点を克服し、頭下がりのまま綺麗にフォールする高バランスを実現。 この姿勢の良さが確実にターゲットのバイトを呼び込むことはテスト釣行映像でのフォール中バイトの多さを見ても一目瞭然だ。

・上部に四つ空けられたラインアイは、リトリーブ主体の釣りでは最前方にセットする事によってステディな姿勢で高速リトリーブに対応し、最後方のセッティングでは逆立ち姿勢で根掛かり回避に大きく寄与する。

・ボトム形状やボトムマテリアルや、ターゲットの違いによる巻きスピードやリフト&フォールの強さなど、状況に合わせて微細なバランス設定を可能にしている。

・また、良く釣れてなおかつ美しいルアーを産み出す事を最大のコンセプトにしているINXラボの自信作となるカラーリングや天然アワビを使用した目玉は、魚だけでは無くアングラーの心をも強く惹き付ける。「釣れるルアー」は今の時代では当たり前。ゴッツンバイブはまさしく「釣りたくなるルアー」であり、釣りに行けない日には眺めているだけでもきっと釣趣を感じさせてくれるだろう。

ゴッツンバイブ7g(フック:カルティバSD36#10) 880円 (税別定価)
ゴッツンバイブ14g (フック:カルティバSD36#6) 900円(税別定価)

 

2017年12月28日

GOD'nVib Tiny

ゴッツンバイブにファン待望のタイニーサイズが登場! アジや小型メバルに的を絞ったコンパクトなネイルサイズ。ボトムセンサーノーズ・4Eye・天然アワビ目玉はゴッツンそのままに、キュートなカラーリングに加えて小型のトレブルフック#16を搭載し、メタルバイブでは乗りにくいアジや小型魚に対応。港湾ハードベイトライトゲームに欠かせないアイテムとなります。

 

GOD’n VIB tiny レングス&ウエイト:35mm/4.3g フック:ST36TN#16 価格:850円(税別定価)

Cotzn_Poster_B3    

 

一般的なアジメバロッドでも扱えるウエイト、かつメタルルアーの武器でもある「リアクションバイト」を促すフォールの早さを保持した「4.3g」という絶妙な重さ。 DSC06149

ロケーションに応じて姿勢やバイブレーションの強さを変えることの出来る4Eye及びボトムセンサーノーズ機構と、ベテランアングラーならその集魚力の高さを誰もが知る天然アワビ目玉を搭載。 DSC06174 2

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

【カラーラインナップ】
※メッキカラー二色を除く全色の「背部or腹部」にケイムラUVを塗装

 

 

#011 インクスタイガー(日本アワビEye/レッド)
北米で昔から「ホットタイガー」と呼ばれる配色。ルアーカラーの王道であるレッドヘッドと共に、100年の時を超えてきたこのマットカラーは釣れるカラーの代表でもある。

DSC06164

 

 

#091 フラッシュキャンディ(NZアワビEye/ナチュラル)
ホワイトベースで頭部にピンクを、背部にイエローを配色したキャンディカラー。パイロットとカラーとして使用されることが多い。

DSC06170

 

 

#031 パンカビ(NZアワビEye/ナチュラル)
フルグローを良しとせぬレオンの基本概念と、インクスラボが産み出した特有の配色。アゴと腹部及びドット模様の中にグロー塗料を配して根魚を怯えさせずアピールする。

DSC06169 2

 

 

#092 ジャムパンカビ(日本アワビEye/レッド)
グローのギミックはパンカビと同じだが、甲殻類パターンを意識したピンクボディとレッドEyeだ。

DSC06171

 

 

#051 グルクングリーン・ホロシート(NZアワビEye/ナチュラル)
グリーンボディにチャートバックはメタルジグに良く使われる配色だ。土佐カブラが緑であるように日中晴天時に強いカラーでもある。

DSC06172 2

 

 

#061 アカグリキン・ホロシート(日本アワビEye/レッド)
赤と緑と金の組み合わせはオフショアのメタルルアーで最も人気が高く、高実績のカラーリングだ。

DSC06165 2

 

 

#071 モッキーブライト・銀メッキ(NZアワビEye/ナチュラル)
#081 モッキーロイヤル・金メッキ(NZアワビEye/ナチュラル)
この二色はインクスフィールドスタッフの中でも特にハタゲームに熱心な「田中もきぎ」の強い要望で産まれた。金メッキ、銀メッキというのはスプーンを始めメタルルアーの王道だが近年このシンプルなカラーリングはあまり使われなくなった。インクスラボの手でスタイリッシュに産まれ変わったカラーリングはとても魅力的である。

DSC06167 DSC06166

 

 

 

2018年5月4日

Rock 'n' Chatter

 

魅惑のソルティチャターブレードジグがついに新発売!このジグをきっかけにソルトシーンはまた大きく変化する事になる。

DSC04867

 

 様々なソルトターゲットに対応させるため、スナップやブレードなどパーツは全て高強度素材。
スピニングタックル使用率が高いソルト事情に合わせた引き抵抗の少ないエッグシェイプブレード。
「アーキーヘッド&高支点横アイ」でテキサスリグの数倍ものスナッグレス効果を実現。
さらには、チャタージグ→ラバージグ→スピンブレードジグと可変自在なパーツの簡易着脱方式を採用したハイブリッドルアーだ。

DSC04877

 
 
ラバースカートの脱着やブレードタイプの交換だけでは無く、
フックアレンジも容易なこのジグはそれぞれのシーンにおいて間違いなく高いパフォーマンスを発揮するであろう。
 
DSC04885

 

 

税別定価 21g(1300円) 18g(1250円) 14g(1200円) 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

魅惑のカラーラインナップ

#01アカキン

#03タイワンガザミ

#02オレキン

#04シルバーチャート

#06ピンクグロー

#07アカオレキン

#08キンガザミ

#09オオモンRH

#10キビナゴピンク


 

 

 

 

2017年〜2018年釣果実績
カスミアジ、クエ、スジアラ、ブリ、マダイ、サワラ、キジハタ、アカハタ、オオモンハタ、クロソイ、アイナメ、マゴチ、ヒラメ、尺カサゴ、タチウオと北から南まで釣果実績多数!!

IMG_7088

IMG_7006

IMG_6782

IMG_6635

IMG_4773

IMG_4747

IMG_4150

IMG_2437

IMG_1982

image2

-YroOPUr

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

2017年9月28日