News

InxLabelからのお知らせや、関連情報などを発信しています。

お知らせ

Harmmy Jarmmy & Bee Tesller

 

Classical Design & Latest technology
伝統と最先端の融合

Sensational Début

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

【Characters 1】

最高のフィッシングツールをデザインするために、我々はまず、その釣りに精通したベスト・フィッシャーマンにコンタクトする。
なぜなら、彼らほどそのロッドに求められる要件を正しく、そして、深く理解している人はいないのだから。
そして、試作を繰り返しながら、煮詰めて行く。幸いにして我々には世界中の優れたフィッシャーマンにネットワークがあるからね。
〜Gary Loomis〜
click hear→About NorthFolk Composite & Gary Loomis

 

 

【NFCブランクの特徴】
INXモデルでは、インクス代表レオン加来の要望するイメージを受けて、これらを適切に組み合わせた製法で作られています

High Modulus G2:(HM)
クモの糸のような微細なカーボン繊維が何層にも重なり合うペーパーカーボンスクリムとハイモジュラスファイバーをコア・マテリアルとするNext HMは、超高感度でありながらトルクフル、トルクフルでありながら超軽量というイノベイティブなハイパフォーマンスブランクです。

感度を重視したブランクの場合、従来は感度と引き換えにトルクが犠牲とされてきたものですが、このNext HMは違います。ハイモジュラスファイバーと言えば硬くて軽い、ただし、脆い、と広く信じられていますが、40年にわたりハイパフォーマンスフィッシングブランクを追求し続けてきたゲイリー・ルーミスの作るハイモジュラスブランクは、単に高弾性素材を使っただけのブランクとは全く異なります。ハイモジュラスカーボンであるにも関わらず、しなやなで且つ、負荷に対してリニアに反応するブランク。ゲイリー・ルーミスならではの「製法」と「調律」により、感度、トルク、軽さは見事なまでに調和しています。

ブランクを手にした瞬間、感じたその違いは、ファーストキャストできっと確信へと変わることでしょう。
Next HMは、ノースフォークコンポジットが全てのアングラーに自信を持ってお奨めする新世代のハイパフォーマンスブランクです。

Intermediate Modulus G2:(IM)
金属的な張りや感度ばかりが重要視される傾向にありますが、キャストからリトリーブ、フッキング、そしてランディングに至る釣りの一連の動作を支えているのはシームレスな力の伝達、つまり、粘りです。

例えば、キャスティング。ルアーのウェイトをティップで捉え、その荷重をベリーに伝達し、留めを作り、ルアーを弾き出す。この動作を支えているのは、感度でも、張りでも、軽さでもありません。シームレスな力の伝達、つまり、粘りです。ランディングも然り。カバーから魚を引き離す時もディープからいち早く魚を浮かせる時もブランクの粘りは極めて重要な役割を担っているのです。

Next IMは、ゲイリー・ルーミスが今日まで培ってきた製法により、マテリアル本来の素材特性が見事なまでに引き出された、42ミリオンモジュラスファイバーをコアマテリアルとする張りと粘り、軽さと感度が高い次元で調和したバーサタイルなブランクです。

あのファーストキャストこそが全ての始まりであったと思わせるブランク。そんなブランクを目指しゲイリー・ルーミスがデザインしたパワフルでしなやかなバーサタイルブランク、それがNext IMです。

 

 

【Characters 2】


 

【Characters 3】


 

 

 

【Spec & Guidance】

メバリングゲーム等におけるロッドとしてはやや強めに作られたブランクだが、同時に極小プラグゲームや1g程度のリグ使用時にも快適な繊細さをも合わせ持つ。北米NFC社へオーダーした「ハイブリッドHM/ INXマテリアル」のブランクをワンピースで成形し、繊細さを維持したままテトラ際の大型メバルをも制するベリーからバットに掛けてのパワーが魅力的なロッドとなっている。リールシートにはデジーノ製DRSSを採用し、精緻を極めたガイドセッティングやバットジョイント構造なども相まって、類い希なる感度性能と小気味よいキャストフィールや射貫くアキュラシーを実現。その素顔をあくまでもメバルプラッギングロッドとしながら、ジグヘッドリグやメタルルアーの使用も考慮したトータルバランスを徹底追求し、様々なリグをも使いこなすバーサタイル性も飛び抜けて高いものとなった。まさに次世代型高感度パワーフィネスプラッギングロッドと呼ぶに相応しいモデルである。

 

 

しなやかで軽量でハイパワー。相反するはずの性能の両立を40年もの間追い続けたゲイリー・ルーミスブランクの恩恵を、軽量プラグコントロールへ全振りして最適化。ゲイリー率いる北米NFC社へオーダーした「ハイブリッドHM/ INXマテリアル」のブランクをツーピースで成形し、バットまで美しく弧を描くしなやかでナチュラルなプログレッシブテーパーデザインに仕上げている。リールシートにはデジーノ製DRSSを採用し、精緻を極めた複合的ガイドセッティングが相まって、キャストフィールのみならず、プラグ操作のアイデアを次々と想起させ、多彩で繊細で自由なルアーアクションをもたらせる。アングラーと共に感性豊かな表現力の赴くまま、プラッギングをもっと楽しく、豊かな時間を共有する事を至上の喜びとした、まさに稀代のフィネスプラッギングスペシャリティだ。

 

 

 

ガイドセッティング

第2世代トルザイトと、NewSICガイドを複合的に使い、ミリ単位でバランス出しした位置へポジショニング。
ブランク特性と相まって、軽やか、かつ伸びやかなキャストフィールをアングラーにもたらせる。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

【ご注意】
製品ではコスメに若干の変更が加わります。

 

HJ64画像

バット部のネームは写真と反対位置、真裏に配置されます。

BT74画像

ネームは、上記写真同様、HJ64も右手で持った際の内側に配置されます。
ネームスレッド位置はHJ64写真同様バットの付け根に配置されます。

HJ64画像

スレッドカラーは双方共にHJ64写真(グリーンスレッド)に準じます。

BT74画像

双方共にAAAAクラスのコルクグリップとデジーノ製DRSSリールシートを採用。
コルクフードのデザインはHJ64写真に準じます(色の濃いラバーコルクが先頭)

HJ64画像

ブランクはNFCハイブリッドHMのインクスモデル。
仕上げは無塗装のサンディングフィニッシュ

BT74画像
DSC06602
FXBシリーズと共通のアルミエンドバッヂ

 

 

GXS-HJ64L  Harmmy Jarmmy   税別定価62,000円

GXS-BT74L  Bee Tesller  税別定価62,000円

 

 

 

 

 

 

2019年2月13日

 ランガンプラグコンテナー

プラッガー待望のコンテナーボックスがついに登場!
両面仕切りのインナーボックス(インクスレーベルオリジナル)を配したXLサイズの大容量で、傷が付きにくい素材プラス浮沈構造のマグタンク。
フリーボックスと合わせ、2ボックスで快適ランガンゲーム!

Rungun_Main
プラグコンテナーXL 2500円
フリーコンテナーXL 1600円

 

有りそうで無かった使い勝手の良いプラグ収納ボックス。ライトゲーム用なら大小取り混ぜて40本近いプラグが収納可能。

マチの浅いふた側のインナーボックスは、細身のプラグなら75サイズまで収納可能。

マチの深い本体側インナーボックスは太目プラグでも2本ずつ収納可能。

 

写真ではハードルアーだけになっているが、ランガン時には浅い方にワームやジグヘッドを整理しても便利。

二色のボックスでシンキングタイプやフローティングやトッププラグなど分けて携帯。

クリアータイプのプラボックスは傷が付きやすくすぐに汚くなるが、このボックスは硬質な樹脂で出来ており非常に傷が付きにくい。その上、上面下面共に軟質素材のダンパーが四隅へX状に配されており、本体そのもへ傷が入りにくいように配慮されている。

 

内部には浸水を防止するために溝が切ってあり、ゴムリングでしっかりと防水が果たせる。浮力はかなり強く、メタルルアーをぎっしり詰めていても水に浮くほど。

ロックラッチも片手で開けやすい構造で壊れにくくしっかりした作りになっている。

ロックしてあれば完全に浮沈構造を保てるが、万が一ロックしていない状態で落水してもインナーボックスにロックがかかっているためにすぐには浸水しない構造となっている。

 

フリーコンテナーは言わば何でもボックス。バッグの中で乱雑になりやすい小物や、エギや大型ルアーなどを収納。

クリアブルーとクリアレッドの二色展開で、塩水の付いた使用済みルアーなどを入れておくのにも便利だ。

ビビッドなカラーも遊び心をくすぐる。

 

2019年2月5日

SABIA & SABIO

Tres SABIA & Tres SABIO 先鋭のライトロックベイトロッド誕生!

INXlabel × Fishman レオン加来匠と赤塚ケンイチのスーパーコラボが実現

 

INX_Rod_Poster_B3

 

 

 

 

ライトゲームを知り尽くした男とベイトロッドを知り尽くした男が、その気根を込めて作ったこのロッドはヤバい。 フィッシュマンロッド驚愕のキャスタビリティとノーバックラ思想をそのままに、 レオンが理想とするベイト+ライトリグの遠投性と操作性を徹底追求。

 

p-1

IMG_8775

46670149_10217328264699454_5672317922907783168_o

 

 

 

 

レオン加来匠がここ10年検証し続けてきたライトソルトベイトタックルの概念を、フィッシュマン赤塚ケンイチが形にした究極の港湾ライトゲームベイトロッド。 ノーバックラッシュを標榜し、ベイトロッド専門メーカーとして活躍するフィッシュマン。このブランドが近年他社の追従を許さないほどの人気を博している理由は、ズバリ代表である赤塚ケンイチのベイトロッド作りに関する強い情熱と類い希な感性にある。そして、「ベイトフィネス」という概念はバスフィッシングのものであり、これをそのままソルトライトゲームに当てはめるのは「間違いである」というレオンの持論・結論が見事に合致。

そして二人は互いの概念の究極の接点を求めてプロダクトに乗り出した。

IMG_8515

赤塚が求めた能力は射貫くようなアキュラシーと軽いルアーをトラブル無く遠くへキャストできる高次元のパフォーマンス。 レオンが求めた能力はソフトルアーからハードルアー、サーフェイスからボトムまで、様々なソルトシーンで実戦的に扱えるバーサタイルな操作性。 そしてついに、ベイトタックルならではの戦闘力と操作性と楽しさの高バランススペックを実現することが出来た。 ライトソルトの現場実戦に即した機能を有するこのロッドは、まさに新時代のスーパーライトソルティベイトロッドだと言えるであろう。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

互いをリスペクトし、ロッドの出自を知らしめるdoubleネーミング

DSC06205

 

 

極軽量ルアーの遠投性を実現させるための緻密で特殊なベンディング設計を施した4軸カーボン 数カ所に渉るシートの巻き方向やプライ数に工夫を凝らすための3ピース構造

DSC06231

 

 

エンドバッヂにはマスコット「Jay Boy」を使用してインクスらしさと楽しさを表現

DSC06206

 

 

フロントスクリューはFishmanロッドの証でもある頑丈なアルミ削り出し製を使用

DSC06236

 

 

グリップ形状にはインクスラボのこだわりが詰まっている

DSC06248

 

 

パーミングの際、力を込める握り込み部分には凸状シェイプのEVAを 膨らんだ掌底が当たる部分には凹状のシェイプを施したコルクを

DSC06242

 

 

リアグリップ部は遠投時のすっぽ抜けやファイト時の不安定要素を廃すためのテーパードシェイプ

DSC06244

 

 

反発の強い無塗装ブランクの欠点を補う丈夫で分厚いスレッド&コーティング

DSC06250

 

 

インクスらしい美しい仕上げのカラーリング

DSC06251

(注:写真はプロト品のため、ロゴやエンドバッヂなどに若干の変更が加わります) (注:リールは製品には含まれません)

 

 

 

 

 

FXB-TS67UL  Tres SABIA(サビア) 全長:200cm(6.7ft)  マテリアル:4軸カーボン Kガイド(チタン+ステン)   自重:104g   継数:3ピース   仕舞寸法:77.5cm ルアーウエイト:3−12g(2−15)  ライン:#0.4−1.0(PE) 税別定価 49,800円

・プラグやメタルルアーの釣りを主体にしたテイストで、79よりも少しパワーを持たせた設計。堤防の釣りに最適なレングスだが、同時にボート上からの護岸壁穴撃ちなどにも適している。 ・基本的に尺クラスのメバル・カサゴ・小ハタなどを対象に設計してあるが、しなりのあるブランク特性は不意の大物にも難なく対処できる柔軟性を持つ。 ・テスト時にもクロダイ40cmクラスを数匹釣ってみたが、バットまでベンディングした時点でのロッドパワーはこのクラスのサイズであれば好敵手といった感じである。

FXB-TS79UL  Tres SABIO(サビオ) 全長:236cm(7.9ft)  マテリアル:4軸カーボン Kガイド(チタン+ステン)   自重:113g   継数:3ピース   仕舞寸法:99.5cm ルアーウエイト:2−10g(2−15)  ライン:#0.4−1.0(PE) 税別定価 54,900円

・基本的には3g前後の軽量プラグを主体にしたテイストだが、68よりもしなりシロを持たせて極軽量リグもより投げやすく、1〜2gのジグヘッドワーミングも視野にいれた設計となっている。 ・キャストそのものは67の方がより重い物が投げやすいが、ベリー・バットのパワーはレングスにより不意の大型魚のイナし能力は上。ラインに負担を掛けず魚を驚かさない味付けとなっている。 ・足場の高い堤防や遠投が必要な場所で快適にキャストできるレングス。釣るだけでは無く、ベイトキャスティングの楽しさを味わえる一本。

 

 

 

 

 

 

2018年5月10日

稚魚シャッド Baity

これは稚魚だ!まさにベイトだ! レオンが放つライトゲーム用ワーム第一弾ついに登場♥

DSC06395 2

ピンテールのように扱え、シャッドのアピールを合わせ持つこのワームは、スレ知らず・魚種選ばずのオールマイティワームだ。

 

 そして最大の特徴はその素材感。スワシャゆずりの吸い込みやすい耳たぶ感触と、フックセットのしやすさとは裏腹な「ズレにくさ」「割けにくさ」は、1本でアジ40匹を達成し、そのコストパフォーマンスの高さも相まってモニタリングをした多くのアングラーを喜ばせた。

IMG_8275 IMG_8375 IMG_9098   

稚魚シャッド Baity ・サイズ 1.8㌅ 2.3インチ ・価格 1.8㌅10匹入り 2.3㌅8匹入り 共に690円(税別定価)

 

カラーラインナップ

DSC06364 IMG_9037

DSC06368 IMG_9029

DSC06373 IMG_9030

DSC06374 IMG_9028

DSC06376 IMG_9033

DSC06371 IMG_9034

DSC06381 IMG_9031

DSC06378 IMG_9032

DSC06370 IMG_9035

DSC06375 IMG_9036        

2019年1月14日

スワールテールシャッド

レオン加来匠 渾身の作出:ノンボーダーシャッド

Swirl_Poster_B3

 

 ベイトフィッシュが発する波動と動きをを実現するための、スワール(渦)テールというギミック このシャッドワームは使用するアングラーを必ず驚かせることになる

 

IMG_7198

image3

IMG_7657

IMG_7656

 

 

 

 

 

特徴

DSC06359

コロラドブレード状に曲面成型されたカップテール。 これが内転水流を起こしてスクリュー回転を産み出す。

 

カップテール

 

テール分のカットスリットは、巻き速度によってテール角度をより水平方向へと安定させる。 このテールの水平姿勢がシャッドテールの欠点を補うスクリューロールアクションとなる。 このギミックは、大ヒット作となったメタルマルの作者であるレオンが、コロラドブレード1番の「釣れる理由」をワームへ移植させたものでもある。 軸がぶれず安定したロールアクションのテールは魚種を問わず多くの魚を魅了する。

DSC06303

IMG_8001

使用者全員が口を揃えて「耳たぶみたい」と表現するモチモチプルンプルンとした素材は、抜群の吸い込みの良さに加え針持ちの良さや裂けにくさも秀逸。 緻密に計算されたフォルムと渦水流を巻き起こす独特なテール形状は様々な魚にアピールし、リアルな小魚の泳ぎを演出すると同時に、シャッドワームの欠点でもある「スレ易さ」までも克服した。 またボリューミーなサイズ感にも関わらず15cm程度の小さな根魚でも容易に吸い込める柔らかさと、そのモチモチとした噛み心地からなる長いバイトタイムは、アングラーのアドバンテージを確実に上げてくれる。テスト時にも3.8インチのみならず、4.8インチに20cmを下回る魚も多くヒットし、フィールドスタッフ達を大いに驚かせるなど、多魚種釣獲力と共にまさに潜在的に求められていたワームだといえるだろう。

 

 

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

■Swirl Tail Sahd

スピンテールType シャッドワーム
4.8インチ(12cm)(8.5g) /6本入り  800円 (税別定価)
3.8インチ(9cm)(4.1g) /6本入り    750円  (税別定価)

 

 

■カラーラインナップ

#02 ライムチャート/ゴールド
ハーフクリアーにゴールドの小粒グリッター。 澄み潮晴天時に強いカラー。

DSC06355

 

#03 クリア/ホログラム
ハーフクリアーにホログラムグリッター。 特殊な溶剤を使用し、透過光で見ると角度で様々な色に見えるのが特徴。

DSC06351

 

#04 クリアレッド/ゴールド
ハーフクリアーのレッドに中粒のゴールドグリッターを前面に、曇天時や水深が深ければ深いほどシルエットがくっきり出るカラー。

DSC06352

 

#051 オレンジ/ゴールド
マットオレンジに中粒のゴールドグリッターを腹部中心に。 特にマズメ時に強い8色中最もアピールの高いカラー。

DSC06363

 

#061 ホログラム/チカ
淡いパープルボディで背部はブラウンに小粒ホログラムグリッター。 ソルトで強いプロブルーの進化型カラー。

DSC06350

 

#071 ピンキーホワイト(グロー)
マットピンクボディで腹部がパールホワイトに小粒のゴールドグリッターを少量。 濁り潮に強く、シルエットが大きく見えるハイアピールカラー。

DSC06354

 

#081 ブルーバック/シルバー
濃いめのブルーで腹部のクリアーには大粒シルバーラメを多めに。 ベイトが多くフィッシュライクな状況でアピールする。

DSC06353

 

#101 パールバックホワイト/クリアシルバー
クリアーボディで背部のみパールホワイトに小粒のクリアーグリッター。 レオンが大分オオモンゲーム(ガイドボートZin-Bay)の際に奇想したカラーリングだ。

DSC06362

 

 

 

2019年1月15日

GOD'n VIB

Super “根魚” killer GOD’n VIB

Poster_B3_God'n'Vib

 

 

ヘッド部に鉄板エッジを露出させてボトム感知度を高め、根掛かり回避能力を高めると共にボトムコンタクト時に根魚が好きな高音を発生するモデル。 また鉄板バイブのウイークポイントでもあったフリーフォール時にスパイラルフォールする難点を克服し、頭下がりのまま綺麗にフォールする高バランスを実現。 この姿勢の良さが確実にターゲットのバイトを呼び込むことはテスト釣行映像でのフォール中バイトの多さを見ても一目瞭然だ。

・上部に四つ空けられたラインアイは、リトリーブ主体の釣りでは最前方にセットする事によってステディな姿勢で高速リトリーブに対応し、最後方のセッティングでは逆立ち姿勢で根掛かり回避に大きく寄与する。

・ボトム形状やボトムマテリアルや、ターゲットの違いによる巻きスピードやリフト&フォールの強さなど、状況に合わせて微細なバランス設定を可能にしている。

・また、良く釣れてなおかつ美しいルアーを産み出す事を最大のコンセプトにしているINXラボの自信作となるカラーリングや天然アワビを使用した目玉は、魚だけでは無くアングラーの心をも強く惹き付ける。「釣れるルアー」は今の時代では当たり前。ゴッツンバイブはまさしく「釣りたくなるルアー」であり、釣りに行けない日には眺めているだけでもきっと釣趣を感じさせてくれるだろう。

ゴッツンバイブ7g(フック:カルティバSD36#10) 880円 (税別定価)
ゴッツンバイブ14g (フック:カルティバSD36#6) 900円(税別定価)

 

2017年12月28日

GOD'nVib Tiny

ゴッツンバイブにファン待望のタイニーサイズが登場! アジや小型メバルに的を絞ったコンパクトなネイルサイズ。ボトムセンサーノーズ・4Eye・天然アワビ目玉はゴッツンそのままに、キュートなカラーリングに加えて小型のトレブルフック#16を搭載し、メタルバイブでは乗りにくいアジや小型魚に対応。港湾ハードベイトライトゲームに欠かせないアイテムとなります。

 

GOD’n VIB tiny レングス&ウエイト:35mm/4.3g フック:ST36TN#16 価格:850円(税別定価)

Cotzn_Poster_B3    

 

一般的なアジメバロッドでも扱えるウエイト、かつメタルルアーの武器でもある「リアクションバイト」を促すフォールの早さを保持した「4.3g」という絶妙な重さ。 DSC06149

ロケーションに応じて姿勢やバイブレーションの強さを変えることの出来る4Eye及びボトムセンサーノーズ機構と、ベテランアングラーならその集魚力の高さを誰もが知る天然アワビ目玉を搭載。 DSC06174 2

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

【カラーラインナップ】
※メッキカラー二色を除く全色の「背部or腹部」にケイムラUVを塗装

 

 

#011 インクスタイガー(日本アワビEye/レッド)
北米で昔から「ホットタイガー」と呼ばれる配色。ルアーカラーの王道であるレッドヘッドと共に、100年の時を超えてきたこのマットカラーは釣れるカラーの代表でもある。

DSC06164

 

 

#091 フラッシュキャンディ(NZアワビEye/ナチュラル)
ホワイトベースで頭部にピンクを、背部にイエローを配色したキャンディカラー。パイロットとカラーとして使用されることが多い。

DSC06170

 

 

#031 パンカビ(NZアワビEye/ナチュラル)
フルグローを良しとせぬレオンの基本概念と、インクスラボが産み出した特有の配色。アゴと腹部及びドット模様の中にグロー塗料を配して根魚を怯えさせずアピールする。

DSC06169 2

 

 

#092 ジャムパンカビ(日本アワビEye/レッド)
グローのギミックはパンカビと同じだが、甲殻類パターンを意識したピンクボディとレッドEyeだ。

DSC06171

 

 

#051 グルクングリーン・ホロシート(NZアワビEye/ナチュラル)
グリーンボディにチャートバックはメタルジグに良く使われる配色だ。土佐カブラが緑であるように日中晴天時に強いカラーでもある。

DSC06172 2

 

 

#061 アカグリキン・ホロシート(日本アワビEye/レッド)
赤と緑と金の組み合わせはオフショアのメタルルアーで最も人気が高く、高実績のカラーリングだ。

DSC06165 2

 

 

#071 モッキーブライト・銀メッキ(NZアワビEye/ナチュラル)
#081 モッキーロイヤル・金メッキ(NZアワビEye/ナチュラル)
この二色はインクスフィールドスタッフの中でも特にハタゲームに熱心な「田中もきぎ」の強い要望で産まれた。金メッキ、銀メッキというのはスプーンを始めメタルルアーの王道だが近年このシンプルなカラーリングはあまり使われなくなった。インクスラボの手でスタイリッシュに産まれ変わったカラーリングはとても魅力的である。

DSC06167 DSC06166

 

 

 

2018年5月4日

Rock 'n' Chatter

 

魅惑のソルティチャターブレードジグがついに新発売!このジグをきっかけにソルトシーンはまた大きく変化する事になる。

DSC04867

 

 様々なソルトターゲットに対応させるため、スナップやブレードなどパーツは全て高強度素材。
スピニングタックル使用率が高いソルト事情に合わせた引き抵抗の少ないエッグシェイプブレード。
「アーキーヘッド&高支点横アイ」でテキサスリグの数倍ものスナッグレス効果を実現。
さらには、チャタージグ→ラバージグ→スピンブレードジグと可変自在なパーツの簡易着脱方式を採用したハイブリッドルアーだ。

DSC04877

 
 
ラバースカートの脱着やブレードタイプの交換だけでは無く、
フックアレンジも容易なこのジグはそれぞれのシーンにおいて間違いなく高いパフォーマンスを発揮するであろう。
 
DSC04885

 

 

税別定価 21g(1300円) 18g(1250円) 14g(1200円) 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

魅惑のカラーラインナップ

#01アカキン

#03タイワンガザミ

#02オレキン

#04シルバーチャート

#06ピンクグロー

#07アカオレキン

#08キンガザミ

#09オオモンRH

#10キビナゴピンク


 

 

 

 

2017年〜2018年釣果実績
カスミアジ、クエ、スジアラ、ブリ、マダイ、サワラ、キジハタ、アカハタ、オオモンハタ、クロソイ、アイナメ、マゴチ、ヒラメ、尺カサゴ、タチウオと北から南まで釣果実績多数!!

IMG_7088

IMG_7006

IMG_6782

IMG_6635

IMG_4773

IMG_4747

IMG_4150

IMG_2437

IMG_1982

image2

-YroOPUr

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

2017年9月28日

SUPRA65PD

ルアーには二種類あると思う。 「釣れるルアー」と「釣りたくなるルアー」 「最大公約数に嵌めたもの」と「シーンに特化させたもの」だ。

スープラはサーフェイスルアーであるから出番は決して多くは無いが、
このプラグが持つ機能に魚を嵌め込んだときには無上の喜びが味わえる。

まさしくルアーフィッシングの何たるかを再認識させてくれるプラグなのだ。 

Supra_SS※上記写真の一部は実際のアワビ目玉と異なります

 

 

 

SUPRA65PD 特徴

変幻自在のトリックスター
ペンシル、スイッシャー、ダイバーと三つの機能を備えた先進のトップウォータープラグ。

 

【サーフェイストゥイッチ(スイッシャーモード)】
・テーブルターンさせる
ロッドを下構えでトゥイッチさせると15mmのペラがマイクロバブルと共に華麗なスイッシュ音を発生させ、湾曲したボディがテーブルターンを演出します。

 

【サーフェイスリトリーブ(ペンシルモード)】
・引き波を立てる
ロッドを上構えでリトリーブすると独特なヘッド形状が高アピールでワイドな引き波を立てます。

 

【ダイビング&リトリーブ(ミノーダイバーモード)】
・ティップではたいて潜らせる
水面で魚が出なければミノーモードにスイッチ。ロッドを下構えにしてティップで押さえ込むようにリーリングすると水面直下(約10cm)をゆるいS字を描きながら泳ぎます。

 

 

DSC06535

全カラーに搭載された天然アワビ目玉がボディ中央に配され、独特な深い光彩を放ってバイトマーカーの役目も果たす。

 

 

全長65mm/重量5.7g/オリジナルプロップ15mm/フックST36TN#10/天然アワビ目玉標準搭載
Price 1800円

 

 

 

 

 

 カラーラインナップ

2017年12月28日

JADE INXカスタムサスペンドモデル

メーカーであるSMITHとフィッシングギアプロダクションINXlabelが本格的にコラボレート。
レオン自身欲しくて仕方なかった【ジェイドサスペンドモデル】が稚魚超色カラーを纏って誕生。

DSC02273

 このモデルのキーワードはまず【サスペンドモデル】であること。

 これはメバルプラッギングをとことんやりこんだアングラーにしか分かって貰えないかも知れないが、メバルのレンジに対する反応は非常にシビアであり、時としてわずか5cmレンジが違うだけでバイト頻度が変わる事もある。したがってメバルの習性を良く知る瀬戸内のプラッガー達はプラグのジャンルごとにリトリーブレンジの違うモノからアクションやシルエットの違うモノなど数十種類ものプラグを常に持ち歩く。さほどシビアで面白いのがメバルプラッギングの世界であるが、各社のメバルプラグや小型プラグのラインナップには不思議なことにサスペンドモデルが無く、おおむねフローティングかシンキングモデルばかりの展開となっている。だから一部のコアアングラーは市販品に手を加えサスペンドチューンを施して対応していたが、ついにインクスとスミスがコラボレーションすることにより、十分な実釣テストと高実績を携えた本格的なサスペンドモデルの生産が実現された。

【注】
海水・汽水・水温などで浮力に異なりが出ます。サスペンドモデルはパーツ重量のわずかな差で変わりますので、微細なサスペンド調整はスプリットリング(0番→1番へ交換するなど)やフック交換で行って下さい。

 

JADE SP (価格改定)
(2019年度版INXジェイドは使用部材の特殊性やその他諸都合により価格が下記の通り改定されましたのでご了承下さい)

Length 43㎜
Weight 2.2g
Type サスペンドモデル
Hook SMITHメバルフックRD12番
Price 1350円